冷凍だけど本格派のお取り寄せうどん「うどん工房麦屋」

食べる物は体を作ります。
だから日常生活ではできるだけ添加物を含まない食品を購入するし、小麦粉はポストハーベストの心配がない国産の物を選ぶようにしています。

そんな我が家で10年以上お取り寄せしている冷凍うどんがあります。
国産小麦粉と四万十川の天然水、天日塩のみで作られた「うどん工房麦屋」のうどんです。

J21

今や国民食ともいわれるうどんですが、実は外国産小麦の方が製麺に合うらしく国産小麦粉を使った麺は珍しいそうです。
そしてコシを出す、味を良くするためには添加物も使われます。

麦屋のうどんは無添加でもコシが強く、鍋物のしめに入れても溶け崩れたりしません。
安全なだけでなく、とても美味しいのです。

冷凍うどんの魅力は茹で時間が短く、手軽に食べられること。
でも麦屋のうどんは手軽さを狙って冷凍にしたわけではなく、冷凍であることに美味しさの秘密が隠されています。

麺は茹でるときにも水分を吸収するので茹でるときの水質も重要なのです。
四万十川の天然水を使い、できあがり一歩手前まで茹で上げることで、どこの家庭でも美味しく仕上げることができるそうですよ。

ちょっとお値段は高めですが、本格的なうどん屋の味が家庭でも簡単に楽しめる冷凍うどんです。

 

 

>>「うどん工房麦屋」のうどんは、こちらでお取り寄せできますよ♪

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る