水の膜で肌を守る、オーブス アトピッタリうぉーたー

今年は花粉症がひどく、鼻水や涙といった症状だけではなく肌もボロボロに荒れてしまいました。

ここ数年、何のトラブルもなく使っていた化粧水でさえも刺激を感じる状態です。
何も使うことができず、保湿のために低刺激のワセリンだけを塗る日が続きました。

ワセリンは夜に塗るのは良いのですが、塗った後がベタつくので日中にはあまり適しません。
かといって何も塗らないと乾燥して余計に痒みや荒れがひどくなります。

そこで以前から気になっていた「オーブス アトピッタリうぉーたー」を使ってみることにしました。


>>「オーブス アトピッタリうぉーたー」を見てみる

 

 

オーブス アトピッタリうぉーたーは良質の水と植物エキスから作られた肌を水で保護する化粧水です。

古くから民間療法で皮膚の荒れやかゆみを抑える薬として使われてきたビワ葉エキスや、消炎作用、抗アレルギー作用があることで知られるシソエキスなどが成分に含まれています。

使いやすいスプレーボトル入りで洗顔後や乾燥を感じたときに1日数回スプレーしています。

肌に馴染みの良い水、といった使用感で刺激は感じません。
肌も少しずつ落ち着いてきたようです。今の肌の状態では日焼けも特に避けたいもの。
オーブス エスケアウォーターは日差しから肌を守る効果もあるそう。

水の膜が肌を守る、というのは信じられない気持ちが大きいですが、健康な肌は紫外線にも強いと聞いたことがあるので、まずはしっかりと水分を補給して早く健康な肌を取り戻せれば良いと思います。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る